2016年10月07日

寅さんの「おばちゃん」三崎千来栖里奈恵子さん死去

映画「男はつらいよ」の"おばちゃん"役で知られる俳優の三崎千恵子(みさき・ちえこ、本名宮阪トシ〈みやさか・とし〉)さんが13日午後7時15分、老衰で神奈川県鎌倉市の病院で死去した. 90歳だった. 通夜・葬儀は近親者だけで行う. 喪主は長女柴順子さん. 東京・巣鴨生まれ. レビュー劇場「ムーランルージュ新宿座」での活動をへて、1954年に劇団民芸に入団. 同年、新藤兼人監督の「どぶ」で映画デビューした. 69年に始まった「男はつらいよ」では、葛飾柴又でだんご屋を営む、寅さんの「おばちゃん」としてシリーズ全48作品に出演した. テレビドラマ「パパと呼ばないで」でも、主人公が下宿する下町の米屋のおかみさん役で、人情豊かで包容力のある女性を好演. 2011年に公開されたドキュメンタリー映画「ムーランルージュの青春」に出演したのが最後になった. 住宅メーカー大手の大和ハウス工業は10日、ゼネコン準大手のフジタ(東京都)を買収すると発表した. 買収金額は500億円で、年内を予定している. 国内中心に事業展開する大和ハウスが、海外事業に強みを持つフジタを傘下に収めることで海外展開を急ぐ. 大和ハウスはフジタの全株を保有する米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)系の投資会社から全株を自己資金で買い取る. 買収後は、フジタの社名は変えずに完全子会社化し、経営陣や従業員は基本的に現状を維持する予定だ. 大和ハウスの2012年3月期の連結売上高は1兆8487億円だが、海外売上高は中国・蘇州市でのマンション販売などによる126億円にとどまる. 一方で、国内での住宅や商業施設などの建設は、人口減などで先細る見通しで、海外展開を急いでいる. すでにベトナムのホーチミン市近郊での工業団地の開発を手がけたり、台湾支店を設けたりしているが、収益に貢献するのはまだ先だ.
posted by KoizumiFumie at 17:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください