2015年08月18日

テイルズ オブ イノセンス 来栖里奈R』秘奥義と

一般社団法人の日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の技術部会「MDMタスクフォース」は6月26日、企業でのモバイル端末管理(MDM)導入時の検討事項や運用上の留意点などを解説した「 MDM導入・運用検討ガイド 」(PDF、ベータ版)を公開した. MDMは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を業務利用する際に、端末内のデータ保護や端末アプリの管理などのセキュリティ対策を目的として、端末をリモートから一元管理するシステム. MDMの導入検討では、本来のセキュリティ対策手順を踏まえ、利用する企業システムの構成と守るべき情報資産、それらのセキュリティリスクを分析した上で、MDM導入の目的や用途を明確化し、セキュリティ対策、コストと利便性のバランスを考慮することが肝要だと説明する. 今回公開されたガイドでは、MDMの導入目的を達成するために必要な機能要件とその導入や運用時の注意点や留意点を、MDM製品の選定や導入、運用する際の一助となるようまとめたとしている. JSSECでは、同ガイドへの パブリックコメントの募集 を開始した. 募集期間は7月31日まで. 仲間たちの奥の手を見よ 運命的に出会った主人公たちが、前世の謎をめぐって壮大な冒険をくり広げる本作. 今回は、バトルの切り札となる"秘奥義"と、パーティーを回復、または一時的に強化する"料理"のシステムを紹介するぞ. いずれも『 テイルズ オブ 』シリーズでおなじみのシステムだ! 威力バツグンの秘奥義をお見舞い! バトル中、敵に攻撃を当てることなどで、各キャラクターアイコンの左にあるゲージが溜まっていく. ゲージを満たしてからLボタンを押すと、敵に攻撃されてものけ反らなくなるOVL(オーバーリミッツ)状態になり、秘奥義が発動可能になるぞ. 戦いの合間に料理はいかが? 仲間を回復したり、攻撃力を一時的に上げるなどの効果をもたらす"料理". レシピと食材があれば、探索中やバトル終了時にも料理を実行できる. レシピの数々は、世界のあちこちにいる"ワンダーシェフ"や、ダンジョン内の宝箱などから入手できるぞ. 人の秘奥義を彩るカットイン! ルカ・ミルダ 声: 木村亜希子 イリア・アニーミ 声: 笹本優子 スパーダ・ベルフォルマ 声: うえだゆうじ キュキュ・セレツネワ 声: 藤田 咲 アンジュ・セレーナ 声: 名塚佳織 リカルド・ソルダー 声: 平田広明 エルマーナ・ラルモ 声: 松岡由貴 コンウェイ・タウ 声: 野島健児 テイルズ オブ イノセンス R メーカー バンダイナムコゲームス 対応機種 PSVita 発売日 2012年1月26日発売予定 価格 5980円[税込] ジャンル RPG / ファンタジー 備考 PS Store ダウンロード版は4980円[税込](2012年4月1日より5380円[税込])、プロデューサー: 大舘隆司、制作プロデューサー: 村北美夏 (C)いのまたむつみ (C)NAMCO BANDAI Games Inc. ※画面は開発中のものです. シマンテックは12月12日、モバイルセキュリティ体制を評価して、モバイルの脅威と脆弱性への対策を支援するコンサルティングサービス「Symantec Mobile Security Assessment Suite」の提供を開始した. モバイル端末やアプリケーションを安全に活用するための戦略を提案する. Mobile Security Assessment Suiteは独自のモバイルセキュリティフレームワークに基づくソリューション指向のアプローチを採用. モバイルセキュリティを全体的に評価するモジュール「Symantec Mobile Security Assessment」と、モバイルアプリケーションのセキュリティに特化したモジュール「Symantec Mobile App Security Assessment」で構成される. UGG ブーツ オーストラリア Mobile Security Assessmentは、iPhoneやiPad、Android端末などのモバイル端末を使用する際に生じるリスクのレベルを評価する. 評価結果からモバイル端末の事例や使用可能なセキュリティコントロールに基づいて、情報セキュリティに関するプログラムやポリシー、プロセスの欠陥に起因する情報セキュリティの現在のリスクと予測されるリスクを把握できるという. Mobile App Security Assessmentでは、企業のカスタムモバイルアプリケーションをモバイルアプリケーションセキュリティのベストプラクティスと照らし合わせて評価する. 評価結果から実際に使用する端末のOSやアプリケーションのレベルでの攻撃をシミュレーションすることで、企業内アプリケーションの不正なユーザーからの攻撃に対する耐性、正規ユーザーによる誤用の防止能力を把握できるとしている. 評価が終了すると、シマンテックから報告書が提出される. 評価の概要のほか、高度な分析と診断結果、モバイルセキュリティの準備状況を示すスコアカード、詳細な診断結果と提案、欠陥を解消するための優先順位を示した対策案が含まれる. ユーザー企業は報告書を活用して、モバイル端末の管理、情報漏洩防止(DLP)、暗号化、ウイルス対策、認証などに関連するモバイル戦略と実装計画を策定できるという.
posted by KoizumiFumie at 19:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください