2016年10月07日

サムサッ来栖里奈カー』キャササムサ

アトラスは、2011年2月17日に発売するPS3/Xbox 360用ソフト『キャサリン』の先着購入特典を公開した. 『キャサリン』は、同社のペルソナチームが手掛ける初のPS3/Xbox 360用タイトル. アダルト&ホラーを前面に押し出したA・AVGだ. 本作の舞台は、"夢"についての奇怪なウワサが飛び交い、怪死事件が続く街. その街で、冴えない独身男の主人公・ヴィンセントは、恋人と同じ名前の見知らぬ美女・キャサリンと出会って以来、奇妙な悪夢にうなされ始める. 公開された先着購入特典は、本作のサウンドが収録された"キャサリンサントラCD(仮)". 『ペルソナ』シリーズなども手掛けるサウンドコンポーザー・目黒将司さんが、本作のサウンドを担当している. ジャケットは、キャラクターデザイナー・副島成記さんの描き下ろしになり、特別編集ブックレットも付属予定. 詳細は後日発表されるとのことだ. 欲しい人は早めに予約しておこう! また、アトラスの公式モバイルサイト"ATLUS MOBILE"で、本作のキャラ絵文字の先行配信がスタート. 浮気相手のキャサリンと恋人のキャサリン、ヴィンセント、夢に出てくる羊の4キャラクターが、かわいい絵文字になっている. 登場キャラクターたちが絵文字になった! 1番人気は、夢に出てくる羊だとか. "ATLUS MOBILE"では、時計機能のついたFlash待受や、画像待受なども配信されている. 癒し系」という言葉では片付けたくない、不思議と心に入ってくる映画でした. 特に涙を流すシーンなどはないものの、まるでヨーロッパ映画のようなシンプルさと作品全体に溢れた優しさに、また何度でも見たくなりましたね. これは本当にいい映画でした. 不安になるとつい親指を咥えてしまう癖があるジャスティンがその癖を治そうともがくだけのストーリーなんですが、この映画には人間誰もが望む「本当の自分探し」がすごく丁寧に描かれているんですよね. 薬を服用することで見せかけだけの自信をつけて討論チャンピオンになるジャスティン、憧れの俳優を追い掛けることで気晴らしをする母親、怪我のためにアメフト選手になることを我慢して生きてきた父親、家族の人間関係を見て親に甘えることを控えてきた弟. みんなそれぞれの世界で悩み、苦しみ、そして何とか問題を解決しようともがいているんですよね. でもよく考えてみたら本当にそれは解決すべき問題なのか? ってことなんですよね. アグ ブーツ 2014 キアヌ・リーブス演じる歯医者ペリーが言っていたように、親指しゃぶりなんて実は全く問題ではなく、それよりもありのままの自分を受け入れて生きることがすごく大事なんだということ. そもそも正しい生き方なんてこの世界には存在しません. 1万人いればそこには1万通りの生き方が存在する訳で、「答えのない人生を生きる力」こそが本当に大切だというペリー先生の言葉がすごく素敵でした. 確かに「答えのない人生」を生きることは誰の確証も得ない分、すごくしんどいことかも知れません. でも会社に入ったから誰もがトップを目指すべきだとか、いい高校に入ったからいい大学に進学すべきとかいうのは、人それぞれの個性を奪うことと同じですごくおかしいことに感じましたね. 他人をサポートすることが向いている人もいれば、知識だけでなく手に職をつけたいと考える人もいるんですもん. 個性が大事だと言われていながら、実は個性など重要視していない現代で、本当に必要なものこそ誰の確証も得ない、自分の未来を信じきる「答えのない人生を生きる力」なんでしょうね. キアヌ・リーブス、ティルダ・ウィンストン、ビンセント・ドノフォリオ、ヴィンス・ヴォーン、ベンジャミン・ブラッドと脇役陣が豪華で、しかも各々のセリフがすごく心に入ってくる素晴らしい映画でした. これこそまさに人生に迷った時に見るべき映画なんだと思いましたね. 深夜らじお@の映画館 は迷ってナンボの人生を謳歌しています.
posted by KoizumiFumie at 20:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

寅さんの「おばちゃん」三崎千来栖里奈恵子さん死去

映画「男はつらいよ」の"おばちゃん"役で知られる俳優の三崎千恵子(みさき・ちえこ、本名宮阪トシ〈みやさか・とし〉)さんが13日午後7時15分、老衰で神奈川県鎌倉市の病院で死去した. 90歳だった. 通夜・葬儀は近親者だけで行う. 喪主は長女柴順子さん. 東京・巣鴨生まれ. レビュー劇場「ムーランルージュ新宿座」での活動をへて、1954年に劇団民芸に入団. 同年、新藤兼人監督の「どぶ」で映画デビューした. 69年に始まった「男はつらいよ」では、葛飾柴又でだんご屋を営む、寅さんの「おばちゃん」としてシリーズ全48作品に出演した. テレビドラマ「パパと呼ばないで」でも、主人公が下宿する下町の米屋のおかみさん役で、人情豊かで包容力のある女性を好演. 2011年に公開されたドキュメンタリー映画「ムーランルージュの青春」に出演したのが最後になった. 住宅メーカー大手の大和ハウス工業は10日、ゼネコン準大手のフジタ(東京都)を買収すると発表した. 買収金額は500億円で、年内を予定している. 国内中心に事業展開する大和ハウスが、海外事業に強みを持つフジタを傘下に収めることで海外展開を急ぐ. 大和ハウスはフジタの全株を保有する米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)系の投資会社から全株を自己資金で買い取る. 買収後は、フジタの社名は変えずに完全子会社化し、経営陣や従業員は基本的に現状を維持する予定だ. 大和ハウスの2012年3月期の連結売上高は1兆8487億円だが、海外売上高は中国・蘇州市でのマンション販売などによる126億円にとどまる. 一方で、国内での住宅や商業施設などの建設は、人口減などで先細る見通しで、海外展開を急いでいる. すでにベトナムのホーチミン市近郊での工業団地の開発を手がけたり、台湾支店を設けたりしているが、収益に貢献するのはまだ先だ.
posted by KoizumiFumie at 17:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。