2016年08月07日

鳩山兄弟、母から計84億円 贈与受ける

SCEが、米国のカンファレンスで発表した新型ゲーム機・PlayStation Vita. 発表にあわせて、日本国内のメーカーが参入タイトルを発表した. 今回の記事では、本日の発表と同時に公開されたタイトルをまとめて紹介している. なお掲載はメーカー名50音順. ●アークシステムワークス 『ブレイブルー コンティニュアムシフトII プラス(仮)』 本作は、人気格闘ゲーム『ブレイブルー』の4作目. PS Vitaの解像度である960×544にあわせて表示し、圧倒的なグラフィックを実現している. また、背面タッチパッドにボタン同時押しや挑発を割り当て、ビギナーでも手軽に楽しめるようになっている. 発売時期、価格は未定. 史上初のHD対応の新作2D格闘ゲームとしてリリースされた『ブレイブルー』. 本作でも、その圧倒的な描き込みは健在で、解像度はPSPの4倍になっている. ●セガ 『パワースマッシュ4』 『パワースマッシュ4』は、同社がアーケードやコンシューマなどで展開しているリアルテニスゲーム『パワースマッシュ』シリーズの最新作. PS Vita版では、前面タッチスクリーンや背面タッチパッドによる操作、ジャイロセンサーによる臨場感のあるプレイ、ネットワークを介したオンラインビジター機能などの新機能を盛り込み、テニスゲームの新たなゲーム性を提示しているという. 選手の髪の毛やコートの芝までを表現した高画質のグラフィックに加えて、ハードの特製を生かした機能が用意されている『パワースマッシュ4』. カメラで取り込んだ写真をゲーム中に登場させることも可能だ. 価格は未定だが、発売時期はPS Vita本体と同時を予定. さらに同社はPS Vita向けに、4タイトルを開発中だという. ●バンダイナムコゲームス 『リッジレーサー(仮)』 本作は、美麗な映像や爽快感が人気の『リッジレーサー』シリーズ最新作. PS Vitaの性能を生かして、爽快感を追求して開発されているという. 開発は同社のスタッフとセリウスが担当し、開発ディレクターは、PSP『リッジレーサーズ』からPS3『リッジレーサー7』までのアソシエイトプロデューサーを務めたセリウスの寺本秀雄さんが担当する. 発売時期、価格は未定. 最新技術で進化を続ける『リッジレーサー』が、PS Vitaに参入. 画像はイメージ. 国会議員の2011年分の所得報告書が2日公開され、鳩山由紀夫元首相(民主)と鳩山邦夫元総務相(無所属)の兄弟が、それぞれ約42億円の贈与を受けたことがわかった. 邦夫氏によると、すべて母・安子さん(89)からだという. 公開資料などによると、内訳はそれぞれ現金約24億円と、ブリヂストン株100万株(6月29日終値で約18億円分)など. 由紀夫氏には北海道室蘭市のビルと土地、邦夫氏には福岡県久留米市の土地も贈られた. 不動産は両氏の選挙区内. 由紀夫氏の事務所は取材に、「親族からの贈与」と文書で回答したが、詳しくは明かさなかった. 一方、邦夫氏は取材に応じ、贈与は安子さんからの申し入れだと説明. 「母は自分が生きている間に贈与し、由紀夫と邦夫がどう使うか見届けたかったのだろう」と語った. 安子さんは邦夫氏に多額の借入金があることを案じており、贈与分を返済にあてるよう話もあったという. 邦夫氏は資産等補充報告書に、11年分だけで7億円の借入金を記している. 贈与税について、邦夫氏は「贈与財産の半分をすでに納めた」と話した. この時期の贈与について邦夫氏の事務所は「新党の話などは一切ない. 税金についても額がケタ違いなので、相続でも贈与でも税率は最高税率の50%で変わらない」としている. 26日、智弁学園5―2早鞆) 早鞆の木村が4番の役目を果たした. 4回2死二塁、前の打席で三振を奪われた直球を狙い中堅手の頭上を越える適時二塁打. 7回にも直球を中前にはじき返した. 冬場に1日2千スイングを振り込んできた成果を出し、「思い切っていけたし、自信になる.
posted by KoizumiFumie at 00:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。